保管・設置

〇直射日光・湿気の多い場所、ガスコンロやストーブの近くは避けて下さい。
〇水が飛散する場所に設置する場合、壁掛け又は置台に乗せて下さい。
〇雨風・潮風の当たる場所は避け、屋外に設置する場合、格納箱に入れて下さい。
〇消火器の上端は、床面からの高さが1.5m以下になるように設置して下さい。
〇通行又は避難に支障が無く、使用する際、容易に持ち出せる場所に設置して下さい。
〇小型消火器は、 各階のどの場所からも歩行距離(実際に歩いて取りに行く事が出来る距離)20m以内の位置に設置しておく必要があります。
〇大型消火器は、各階のどの場所からも歩行距離(実際に歩いて取りに行く事が出来る距離)30m以内の位置に設置しておく必要があります。
小型消火器と比較すると消火能力が大きく、広範囲をカバー出来る為、歩行距離の基準が長くなっています。