面積関係無

左記は、面積に関係無く消火器を設置しなければなりません。
防火対象物に必要な能力単位は以下の通りです。
【能力単位】=X【延面積又は床面積】÷50㎡【防火対象物の基準面積】
【例】:劇場(面積200㎡)の場合
【能力単位】=200÷50=4     4以上の能力単位が必要です。
①1本あたりの能力単位が1の消火器4本以上又は
②能力単位が4の消火器を1本以上設置する必要があります。

主要構造部分が耐火構造であり、かつ壁や天井などの室内に面する部分の仕上が難燃料材の場合、基準面積は2倍です。
【例】:劇場(面積200㎡)の場合
耐火構造かつ壁や天井が難燃料材
【能力単位】=200÷100=2     2以上の能力単位が必要です。
①1本あたりの能力単位が1の消火器2本以上又は
②能力単位が2の消火器を1本以上設置する必要があります。

延面積150㎡以上

左記は、延面積が150㎡以上の場合、消火器を設置しなければなりません。
防火対象物に必要な能力単位は以下の通りです。
【能力単位】=X【延面積又は床面積】÷100㎡【防火対象物の基準面積】
【例】:集会場の場合(集会場面積1000㎡)
【能力単位】=1000÷100=10     10以上の能力単位が必要です。
①1本あたりの能力単位が1の消火器10本以上又は
②能力単位が10の消火器を1本以上設置する必要があります。

主要構造部分が耐火構造であり、かつ壁や天井などの室内に面する部分の仕上が難燃料材の場合、基準面積は2倍です。
【例】:集会場(面積1000㎡)の場合
耐火構造かつ壁や天井が難燃料材
【能力単位】=1000÷200=5     5以上の能力単位が必要です。
①1本あたりの能力単位が1の消火器5本以上又は
②能力単位が5の消火器を1本以上設置する必要があります。

延面積300㎡以上

左記は、延べ面積が300㎡以上の場合、消火器を設置しなければなりません。
防火対象物に必要な能力単位は以下の通りです。
【能力単位】=X【延面積又は床面積】÷200㎡【防火対象物の基準面積】
【例】:図書館の場合(面積1500㎡)
【能力単位】=1500÷200=7.5      8以上の能力単位が必要です。
①1本あたりの能力単位が1の消火器8本以上又は
②能力単位が8の消火器を1本以上設置する必要があります。

主要構造部分が耐火構造であり、かつ壁や天井などの室内に面する部分の仕上が難燃料材の場合、基準面積は2倍です。
【例】:図書館(面積1500㎡)の場合
耐火構造かつ壁や天井が難燃料材
【能力単位】=1500÷400=3.75     4以上の能力単位が必要です。
①1本あたりの能力単位が1の消火器4本以上又は
②能力単位が4の消火器を1本以上設置する必要があります。

部分設置基準

消火器には、対象物件全体ではなく部分についても設置基準があります。

○少量危険物のある場所
【能力単位】=【少量危険物の数量】÷【危険物の指定数量】

〇指定可燃物のある場所
【能力単位】=【指定可燃物の数量】÷【指定可燃物の指定数量】×50

〇電気設備のある場所
電気設備・変電所の床面積が100㎡以下毎に1本以上設置が必要です。
【例】:電気室(180㎡)
【電気火災適応消火器本数】=180÷100=1.8     2本以上必要です。

〇多量の火気使用場所
ボイラー室・乾燥室等の面積が25㎡毎に1単位必要です。
【例】:ボイラー室(60㎡)
【能力単位】=60÷25=2.4     3以上の能力単位が必要です。